ムスリムがつくる、ムスリムが選ぶ、ムスリムがお届けするおいしいハラルフード。

HALAL WORLD

HALAL FOOD & DRINK

営業時間 平日9:00~18:00 お電話でのご注文・お問い合わせ 0120-952-513

  • ハラルワールドトップ
  • ハラルワールドについて
  • 羽田ハラル弁当
  • ハラルフード
  • ハラルニュース
  • お問い合わせ

グルメなハラルフードでムスリムの方々の日本滞在を、もっとおいしく。

ムスリムの方々の「おいしい!」の選択肢を広げたい。ハラルワールド

観光で、ビジネスで、日本を訪れるムスリムの方々にとっていちばんの心配ごと。それは「食」の問題です。
イスラム教の戒律にのっとった「ハラルフード」は、
日本ではまだまだ提供する場所もバリエーションも限られています。

「食べられるものが見つからない…」「食べられるけどおいしくない!」そんなムスリムの方々の声にこたえ、
30年前に来日し輸入会社を営むムスリム自身が運営、ご提供するのがこのハラルワールド。
できたてのお弁当をはじめ、ハラル表示を明確にしたおいしいハラルグルメを満載し、
ムスリムの方々のもっとおいしい、もっと楽しい日本滞在を応援します。
「ムスリムの方々」と「ムスリムを迎える方々」を、イスラム圏と日本を、笑顔でつなぐ架け橋へ。
ハラルワールドです。

ハラルワールドが提供する商品とサービスは、ハラル認定機関で「ハラル認証」を取得しています。

羽田空港内にレストランを経営しています

羽田空港の「ミセス イスタンブール」は、ハラルワールド
運営する(株)トゥーバトレーディングの直営レストラン。
ハラル素材の焼きたてパン、ハラル肉を使った「ドネルケバブサンド」などが空港をご利用のムスリムの方々に「おいしい」と大好評です

ハラルワールドなら「イスラム教への理解」がちがう。
運営者も料理人も、自らがムスリムです。

ハラルワールドの運営者は、自身も約30年前に来日した イスラム圏出身のムスリム。
だからこそ「イスラム圏外でハラルを探す難しさ」や、食にかかわる「ムスリムの不安や心配」を誰よりも深く理解しています。
またハラル弁当の調理もすべて、 ムスリムの手で行っています。

創業30年。
日本初のトルコ輸入会社が運営しています。

ハラルワールドを運営する(株)トゥーバトレーディングは、 長年にわたってトルコの「食」と「文化」に関わり、日本とイスラム圏を結ぶ仕事に携わってきた企業。 30年の経験と実績から、すべての商品のハラル表示を明確にして、たしかな品質、 たしかなサービスをご提供しています。

それは、イスラム教の規律のこと。
食についても独特のルールが存在します。

「ハラル」とは、イスラム教の教えにのっとった生活全般にわたる規律、戒律、基準のこと。
飲食については、ムスリム(イスラム教徒)は豚とアルコールを口にすることが禁じられており、
また牛、羊、鶏に関しても、イスラムの作法で食肉処理されたものが「ハラル」とされるなど、
独特な決まりごとが存在します。

ムスリムにとって「ごく自然なこと」だったハラルも、
現代生活では…

教義に沿って生活をしてきたムスリムにとっては、 食品と言えば自然にハラルフードのことを指しますが、
イスラム圏外ではハラルフードを見分けること、手に入れることはとても困難。
外国で生活をしたり、旅行をしたりする機会が増えるにつれてムスリムが
ハラル食品を見分ける必要性は高まり、 またイスラム圏内でも輸入食品などによる食の多様化も進んでいるため、
「ハラル食品の認証」がイスラム圏内外において急速に求められるようになってきました。

日本においても、「ハラルフード」への期待は
急速に高まっています。

ムスリム人口が16 億人を超え、世界全人口の 4 分の 1 を占めると言われている現在。
世界最大のムスリム人口をもつインドネシア、イスラム教を国教とするマレーシアをはじめ
躍進著しいアジア各国との交流が活発になっている日本では、 観光やビジネスで来日するムスリムの方々のために
ハラルフードを準備することは不可欠の命題。 またイスラム圏進出を進める企業や、
国内でのハラル市場を開拓しようとする企業にとっても、
商品が「ハラル認証を得ること」は重要なビジネスの課題となっています。

ハラルワールドでは、
すべての商品のハラル表示を明確にしています。

ハラルワールドを運営するトゥーバトレーディングは、 日本初のトルコ製品輸入会社として30年間、
イスラム国トルコの食文化を日本にご紹介してきた企業。 トルコでつくられる食品はすべてハラルフードであるため
国内ではハラル認証の必要性はありませんが、 ハラルワールドでは取り扱うすべての商品のハラル表示を明確にして、
日本を訪れるムスリムの方々、日本に暮らすムスリムの方々の「食」の選択肢を広げる 取り組みを始めています。
ハラルの受け止め方は、同じイスラム圏であっても国によって、個人によってさまざま。
トルコでは店頭にアルコールが並ぶなど比較的緩やかな戒律のもと、 ムスリムひとりひとりが自らの意志で、
イスラム教徒としての決まりごとを守って暮らしています。

国内外の最新ハラル情報を定期的にメールでお届け。

「どんなハラルフードがあるの?」「どこで食べられる?」
国内外の最新ハラル情報を、
ハラルワールドが定期的にメールでお届けします。

ハラルフードにかかわるご相談はこちらへ。

私たちが取り扱うハラルフードについてのご質問から、
ビジネス上のご相談まで、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

> お問い合わせ

▲ ページの先頭へ戻る